お散歩畑をご存知ですか?

3、4、5歳児は、北町5丁目の「お散歩畑」に行ってきました。飯能信用金庫さんの隣です。

お散歩畑は、「市内の農地について、市と所有者とが協力し、農作業を通じた地域コミュニティーの場として開放するという取り組み」なのだそう。

はじめて尋ねました。

お散歩畑の近くまで来ると、様々な作物が元気に育っている畑がありました。子どもたちは野菜の名前を次々言います。そして、自分が園の畑で育てているのと同じ野菜を見つけて喜んでいたり、たくさん実っている様子を見て驚いていたり。

今日は「じゃがいも収穫会」でした。4月に種イモの植え付けをしたそうです。

どんどん掘って、大きなイモを掘り出して大喜びなのは5歳児。なかなかイモを掘り出せずにいた子どもも、時間の経過と共に体が動き出したり大人がちょっと手助けしたりで、イモが出てくるとうれしそうにしていました。

掘ったジャガイモはいただけるということで、自分の袋に入れて袋のふくらみを見たり、重みを感じたりして満足げな子どもたちの様子でした。

重たくなったリュックサックを背負って歩いて帰ります。途中、「水を飲みたい。」「鼻をかみたい。」等と言っては立ち止まって休憩。その間、セミの声を聞くことができました。「おもたーい!」とは言うものの、足は止めずに歩きます。「かるーい!」と言う子どももいるので、「少ししか掘らなかったからでしょう。」と保育者が言うと、たくさんあるから重たいけど、平気なのだということを説明されました。伏見通を歩いていくと、上り坂。園はもう少し。さらに力を出して歩いた子どもたちです。

気力も体力もずいぶんついてきましたね。

ジャガイモは、各家庭でおいしく食べられることでしょう。