正式名称はスイングボール

「黄色い球」と言ってしまうのですが、どうやらスイングボールというらしいのです。

ブランコのように乗るのが一般的なのでしょうが、自分で好きなようにすればよいのです。

絡んでいるのを見て一つ一つ離していく。

捕まえておいたり、捕まえたまま自分が動いたり。

動かしてみる。

支柱に絡ませる。

手放す。

ぶら下がるというか、乗っかってみるというか…。

思うように動かすことができたり、思わぬ動きがうまれたりして面白い様子でした。

 

虫が大好き

5歳児は、昨日に比べて暑さがやわらいだので、東伏見公園へ行きました。

道草をしながらのんびりです。

今夢中な虫捕りです。カメムシがたくさんいました。

コガネムシシャクトリムシも捕まえました。歩いていると、生垣の葉っぱの様子が変だなあと思って見ると虫を発見したり、自生する草の様子でいそうだなと見ると見つけたり。途中の小さな公園に寄り道もしました。

遊具を楽しんだ後は、虫になって戦いをしました。

カブトムシのオスとメスが力比べをしています。左がオス。帽子のつばが角になっているのです。

サナギから生まれところから、二人は動きで表現していました。

サナギからチョウが生まれた遊びもありました。

興味があり好きなものに「なること」を子どもはよくします。実際に見ているものや現象で、よく知っているからこそまねてなりきれるのです。テレビ番組の登場人物になることもそのひとつです。

認知科学者の研究ですが、「なること」でそのものについてより理解を深めると言われています。

 

 

気になるもの

キュウリが目に見えて大きくなっていきます。自分のキュウリを育てていますので、例年よりもよく見ているように思います。

「キュウリの赤ちゃんがあるよ。」と教えると、どれどれと探していました。

「ぼくのキュウリの方が大きいのに、キュウリの赤ちゃんがまだない。」

と残念がっている子どももいました。(それどころか、2度めの種まきでようやく発芽したものや、本葉が出てきたものもあります。)

そのうちに、「くるりん」「ぐるぐる」が気になったようです。

                ↓

                           ↓

キュウリの蔓の先なのですが。

「巻きついてる!」と網に巻き付いているのを見つけたので、

「大きくなって上に上がっていくときに、つかまっているんだね。」と保育者が話しました。さらに、「みんなも公園の遊具でのぼっていくときに、おっこちないようにしっかり捕まるよね。」と話すと、とても納得している様子でした。

 

 

朝の仕事

夏は朝の水やりがかかせません。涼しいうちの水やりが肝心です。

畑と庭には様々な花や野菜が育っているので、何度も水を汲んでかけることを繰り返します。

キュウリ

アイ(藍)

ジャガイモ

サトイモ

ニンジン

野菜はおいしく食べられるのを楽しみに育てています。アイは染料ですね。保谷は藍玉の産地だったそうですよ。

写真の他にも、まだまだ植物があり、そこには虫たちが集まってきます。子どもたちには自然を感じ、自然に触れながら毎日生活して欲しいと思っています。人間も自然(の一部)だと思うからです。

 

 



ザリガニ誕生

5月19日に卵を確認し、6月20日にザリガニの赤ちゃんを確認することができました。

あんなにたくさんあった卵が、だんだん減っていき、今日確認できた赤ちゃんは3匹です。お母さんのおなかには、卵がまだくっついています。

         ↑ お母さんザリガニのはさみとはさみの間に赤ちゃんがいます。

                   ↑ お母さんザリガニのしっぽの下の方

 

緑でいっぱい

先週末に続き、屋敷林で遊びました。

草っぱらは、草丈が伸びて、花もたくさん。

とても暑い一日でしたが、緑の中にいると暑さがやわらぐのです。

今日は先週末よりもチョウの種類が多かったです。

モンシロチョウ、キチョウ、ナミアゲハ、クロアゲハ、ベニシジミヤマトシジミ、コミスジ

静かに追いかけながら、とまったところを捕虫網でしとめるのです。

 

キャンプごっこの途中、宇宙旅行へ。

宇宙船に乗るには、葉っぱのチケットを買わないといけないのでした。