雨の一日

雨は気にせずに遊ぶ子どもたちでしたが、今日は寒かったですね。

落ち葉と泥で焼き鳥づくり。

二人は真剣勝負。

ふざけて地面に転がっているうちに本気になってしまいました。しっかり組み合って、押したり倒そうと足をつかったりしながら、相手をひっくり返し合いました。

2歳児と4歳児数人で、おいかけっこもしました。「まてまて~。」の掛け声が大好きです。

着替えも食事も済ませて、いい気分で遊んでいる様子の午後。

4、5歳児はまず食後の休憩にパズル。その後「カエルごっこ」や「ポポちゃんごっこ」でワイワイ盛り上がりました。

2、3歳児は、ままごとや積み木。

積み木を並べた所で車を走らせていました。

大好きな「わにわに」の絵本。





 

 

いい香りに誘われて…

地面がオレンジ色で、いい匂いもするので、ついついあちこちで道草。

今日は風がつよかったので、次々花が落ちてきました。

落ちてくる花を帽子でキャッチ。

その帽子を被って、わざと髪の毛に花をつけてみたり。

香りと色と、細かな花の粒と…、この時期ならではの自然を存分に楽しみます。

栗拾い

Tさんの畑で、3、4、5歳児が栗を拾わせていただきました。

栗のいがや穴のあいた栗は置いてくることを確認していますが…。

迷わず次々拾う、よく見て選んで拾う、大きい、つるつる等狙って拾う、どれを拾うかなかなか決まらない等様々な姿が見られました。

それぞれ自分で拾った分だけ持ち帰りました。ですから、個数(量)は違っています。帰り道は「おもーい。」と何度も声が出てしまう子どももいました。声はでなくとも重たい、たいへんだと感じながらも、自分で拾った大事な栗を自分で歩いて持って帰りました。

地域の方が大切にされている豊かな自然。ご厚意で貴重な体験をさせていただきました。

久しぶりに見つけたカエル

年長児が久しぶりにカエルを見つけて喜んでいました。

それを見た3、4歳児、探しにいきますが。

なかなか見つからず、お願いすると持たせてくれました。

左手にカエル、右手にニホンカナヘビ。年長さんはカナヘビも捕まえていました。

諦めずにここにいるかな?ともぐっていく二人。

カエルの鳴きまねをしたらいいと思いつき、「ゲロゲロ」「ゲコゲコ」等声を出しながら楽し気でした。

 

 

 

 

東伏見公園

ここから東京スカイツリーが見えます。

まずはローラー滑り台。

一人ですべったり、友達とすべったり。

10回ほど続けて滑りました。

滑るには上らなくてはなりません。走って上る子どもたち。

クモの巣に見立てて遊んでいました。クモが身近な存在なのです。

おやつを食べて休憩した後、まだまだ遊びたい子どもたちでした。

どんぐり拾い。マテバシイのどんぐりです。形、大きさ、色合いがそれぞれ違っているのを言葉にしながら拾っていました。

「ひろってもひろってもなくならないね。」と言う子どももいました。

袋が膨らんで「サンタクロースみたい。」と誰かが言い出すと、寝たふりをする友達にどんぐりが入った袋をそっと届ける遊びが始まりました。


歩いて、滑って、上って、しゃがんで、また歩いて。午前中の約3時間、ほとんど動いていましたね。







 

カマキリ

児童センターのそばをゆっくり歩いていて見つけました。

逃げられましたが粘って捕まえました。

ビニール袋にカマキリを入れましたが、鎌で袋を破いちゃうかもしれない等と話したり、カマキリの恰好をまねたりして喜ぶ子どもたちでした。

さて、どんぐりころころの畑にもいました。サツマイモの葉っぱの上に、2匹。

1匹はセセリチョウを食べているところ。

道端で捕まえたカマキリは、公園でクビキリギスショウリョウバッタを捕まえ、一緒に袋に入れてやると、食べていました。

カマキリに出会う前には、ツマグロヒョウモンを8匹一度に観察することができました。キバナコスモスがたくさん咲く空き地でした。子どもたちは数を数えたり、模様の違いで雌雄を確認したり、そして捕まえたいなあと思ったり…。

小さな生き物たちが生き生きとしています。