午後の室内での遊び

こま回し。回転がよくかかるようになってきました。

友達と競争したり、コースを作ったりして遊んでいます。

メモリーカードは、友達や保育者を誘って遊んでいます。

たくさん取りたいとは思っているようです。

真剣にピタゴラスイッチの装置を作っているところ。

週末には、4歳児4人が自分の考えた「○○まつり」を始めました。

来週はじめには完成するでしょう。

 

あちこち氷

園の庭にも氷ができていました。

持ったり置いたりして眺めて、「きれい。」「大きく見える。」等と話していました。

公園の氷も気になって、遊びに行きました。

足で氷がどんなか確かめています。固いとか、割れたとか…。

冷たいからでしょう、直接触らずに木の枝を使っている子どももいます。

最終的に、三角形の氷に木の葉等をトッピングしてピザづくりが始まったのでした。

 

寒い日の公園

いつもは混雑している遊具ですが、だれも遊んでいません。

なので、珍しくすべり台を繰り返し楽しみました。

今日も寒い日。しかも9時過ぎに雨が降り出しました。

公園に着くと、雨が止んで広場を走ったり、グルグル回ったりする子どもたち。

寒いからでしょうか、2日続けて、公園は貸し切り状態でした。

子どもの自転車乗りから思うこと

今日は自転車にたくさん乗りました。

友達とおしゃべりできる余裕のある子ども、こぐことに必死な子ども、ブレーキをかける時に緊張している様子の子ども、いくつか自転車の試し乗りをしたりカーブを体感したり…

自転車に乗るには、自分でペダルをこぐ、信号を見る、信号や他の自転車に合わせて運転する、ブレーキを使う等自分で判断して行動しなくてはなりません。

自分でうまくやれればよいですが、そうでなければ、係の方に声をかけられます。自分の親でも先生でもない方に教わること、注意を受けること、つまり見守られることは、子どもの成長にとって必要な経験だと思います。大泉交通公園へ行く度に、保育者が同じ場面を見ていても敢えて係の方に指導をお任せすることもあります。

 

 

大事な木の枝

文理台公園に来ると、木の枝を探しては隠している子どもたちがいます。

自分の好きなものを拾い集めているのです。何をするのでもなく、集めているだけの子どももいます。

5歳児はあやめ池の周りでよくカエルごっこをするのですが、今日は4歳児も一緒です。

毒ガエル、トマトガエル、黄色いカエル、緑色等好きなカエルをイメージして、そのカエルになって遊んでいます。

カエルさんたちは、自分の木の枝を持って池の周りで水をバシャバシャさせて遊んでいるところでしたが、そのうち魚釣りになりました。木の枝は大活躍。色々なタイプのものを持っている子どもは、用途に合わせて使っていました。

釣った魚は乾かしてから焼きました。

ちなみに今は春という設定だそうです。

そのうち、「雪が降るぞ!」と誰かが言うと、大急ぎでえさを持って穴に入ってしまいました。

帰る時間になり、子どもたちは木の枝を所定の場所にしまって帰りました(各々、大事なものを隠している場所があるのです)。

 

 

2歳児と4歳児

4歳児がマラソンをしていると、2歳児が追いかけてきます。

そのうちに追いかけっこになりました。

たくさん走って、芝生に座ると今度はでんぐり返し。

この後は、一緒にお料理をしました。

4歳児は、一緒に遊んで楽しかったと話していました。お互いにいつもと違う刺激があったようです。

 

ボールに親しむ

好きなように遊びながら、ボールに親しんでいます。

投げる。投げると言っても、上から下から…その子どもなりの投げ方が見られます。

蹴る。ボールを蹴っては走る。

最終的には全員でサッカーになりました。

上着を脱いだり、水分補給したりしながら40分ほど続き、5対2で試合終了。

サッカーのルールは、チームに分かれる、キーパーがいる程度の大まかに共通理解のようです。遊びながら「そっちじゃないよ。オウンゴールになっちゃうよ。」「キーパー交代して?」「いいよ。」等と確認しながら遊んでいます。

保育者は応援するのみ。教えたり指示したりすることは何もありませんでした。子どもたちもそれを必要としていません。