味噌の仕込み

例年よらりも少し遅めになりましたが、今年も3歳組の子どもたちが味噌を仕込みました。
ビニール袋の中で煮大豆、米糀、塩を入れてよく混ぜたものに、さらに種水(味噌をぬるま湯で溶いたものです)を入れたものを用意しました。
それを子どもたちに踏んでもらいます。豆を潰すのです。
f:id:donkoro:20200227185634j:plain
f:id:donkoro:20200227185744j:plain
f:id:donkoro:20200227185905j:plain
3歳組の子どもたちは10まで数えたら交代したり、味噌ができたら味噌汁を作って食べようと話したり。味噌汁の具には、ダイコン、ニンジン、ネギ、タマネギ、ワカメ、ナメコ、豆腐と畑で栽培中の野菜や、以前園で収穫して味噌汁にして食べた野菜や食品、家庭で食べているのであろう食品が次々出てきました。
豆がつぶれると「味噌ができた‼️」と喜ぶ子どももいましたが、もちろんまだまだ味噌にはなりません。
保育者が味噌玉にして容器に入れ替えて、しばらく「寝る」と話しました。この後の管理は保育者の仕事です。9月すぎればおいしく食べられる予定です。

また氷

ようやく文理台公園の貯水池にも氷がはりました。
この冬初めてです。例年、今頃は毎日のように氷で遊ぶのですが、今年はやっと氷で遊ぶ機会がやってきました。
氷があるだろうと予想して、いつもより早く公園へ。
ありました❗️ 早速取っては投げて遊び出しました。「冷たーい!」と言いますが、遊びをやめる気配はなく、タオルで手を拭きながら遊んでいました。
f:id:donkoro:20200207095600j:plainf:id:donkoro:20200207095704j:plain
f:id:donkoro:20200207100939j:plain
f:id:donkoro:20200207103503j:plain
f:id:donkoro:20200207103530j:plain
f:id:donkoro:20200207103504j:plain

腹這いになり氷を捕まえたり、棒で叩き割ったり、容易いことではない様子でした。
取った氷はやはり躊躇なく割ったり、葉っぱが一緒に氷ってきれいだと取っておく姿もありました。大きな氷を取ろうとがんばる子どもも。友達と協力する姿も。
割らないでいた氷は、植え込みに飾ってありました。「氷の博物館」という保育者のイメージが、子どもたちにも受け入れられて、次々作品が持ちこまれました。
なんと、帰るときには氷をすべて割ってしまったのでした。割らなくてもなくなるのになあ…なんて思いながら、割っておしまいにした子どもの思いも分かるような気がしたのでした。

畑ではこの冬二度めです。
5歳児が見つけて遊び出しました。
小さな人工池や鳥のために水を汲んでおいた容器から、取り出してはコンクリートの上で割るのです。
f:id:donkoro:20200206103621j:plainf:id:donkoro:20200206103547j:plainf:id:donkoro:20200206103643j:plain
f:id:donkoro:20200206095003j:plain

どうして氷を割るのかなあと考えてみると、いくつか検討はつきますが、とにかくやりたい気持ちに動かされてしていることに違いありません。

文理台公園の雪

ようやく雪が降りました。前日から楽しみにしていた子どもたち。うれしそうな様子の子どもが多かったように思います。
4、5歳組は、雨が降っていたので、雪がなくなっていないことを願いながら文理台公園へ。
3歳組は、登園するとすぐに庭や畑で雪遊びが始まりました。

さて、4、5歳児は…
「ヤッター!」
「ある、ある~!!」
公園の広場が見えると、思わず子どもと私から出た言葉でした。
早速雪で遊び出しました。寒さに体が縮こまっている様子の子どももいましたね。
f:id:donkoro:20200128095543j:plain
f:id:donkoro:20200128095652j:plain
f:id:donkoro:20200128100543j:plain
f:id:donkoro:20200128103610j:plain

雪だるまには心を入れたのだそうですよ。
1時間程度公園で遊びましたが、帰るときにはほっとした様子の子ども、まだ遊びたいと残念そうな子どもも、それぞれでした。
冬だからこそ、寒さ(風、雪、氷等を通して)を存分に感じること、更にそれを遊びにして楽しめたらいいなあと思うのです。

わんぱく公園~3歳組編~

「ぼく、わんぱく公園好き~。」 「ぼくは行ったことない。」「わたしは行ったことあるよ。」
わんぱく公園と聞いての反応はそれぞれでした。
到着すると、馴染みの遊具で遊びだしたり、目当たらしい遊具に挑戦したり、気に入った場所に陣どったり…。
f:id:donkoro:20200124103556j:plain
f:id:donkoro:20200124103609j:plainf:id:donkoro:20200124112503j:plainf:id:donkoro:20200124112506j:plain
最後は4、5歳組も混じって、襲ってくる怪獣役の3歳児から逃げる遊びになり、盛り上がりました。