お部屋の遊びも~屋外と室内のバランス~

ある日の登園後の3歳児。

はさみに集中する子どももいれば、友達と会話を交わしながらものをたくさん使って遊んでいる子どももいます。

保育者が一人ひとりの子どもの思いに、それぞれに合ったやり方で応じているので、自分の思いで遊びを継続していくことができます。継続していく中で、子どもの経験がそれぞれの子どもにとって実りあるものになっていくのです。

f:id:donkoro:20191113102706j:plain

別の日の3歳児。積み木を使って遊ぶうち、友達との関係ができていったり、イメージが膨らんでいったりしています。

f:id:donkoro:20191115092642j:plain

2人でステージを作り、順番に歌を歌っていました。♪パプリカでした。

f:id:donkoro:20191113133751j:plain

4、5歳児は、宝箱を作っています。公園で見つけたきれいな貝殻を入れるために作っています。

f:id:donkoro:20191114134213j:plain

お菓子の空き箱に、使い古した折り紙をちぎりのりで貼り付けています。大事なものを入れる宝箱だからでしょうか、作業がとても丁寧です。

f:id:donkoro:20191114134241j:plain

別の日、粘土細工と編み物をする子ども。

季節は冬に向かっていきます。手先を使うこと、特に毛糸や布を使って作ることを取り入れていきたいと思います。作ったものを使ったり飾ったりできたらいいなあ…。

f:id:donkoro:20191113105314j:plain

4、5歳児です。年末の大掃除みたいですが、違います。
f:id:donkoro:20191113133815j:plain

紙飛行機飛ばし。

f:id:donkoro:20191113102543j:plain

梁に飛行機がのっかってしまうのです。

それを長い棒で取ることも含めて、飛行機飛ばしを楽しんでいるようです。

「右、もっと右!」「そうそう、その辺り。」と指示を出す子どももいれば、踏み台を抑えてくれている子どももいます。
f:id:donkoro:20191113132908j:plain

見事な子ども同士の連携プレーです。

f:id:donkoro:20191113133731j:plain

 

どんぐりころころは外の遊びばかりしているイメージもあるかもしれませんが、そんなことはないのです。子どもの生活(成長)には、外の経験も中の経験も必要だと考えます。

 

 

サトイモ

ちょっと残っていたスペースで育てていたサトイモ。そろそろ掘り時なので、4、5歳児は掘りたい子どもだけ掘りました。

5歳児は3人でまだありそうだとか、こっちを掘るといいのではないかとか話しながら掘っていました。ひと株から30個くらい掘れました。

f:id:donkoro:20191115091450j:plain

掘りながら土団子作りが始まった子どももいました。

f:id:donkoro:20191115092240j:plain

4歳組も3人で掘りました。素手で平気で掘りますね。株も簡単に抜いてしまいました。親芋にくっついた子芋を取ったり、芋から出ている根っこを取ったりするのにも力がいりました。

f:id:donkoro:20191115104648j:plain

葉っぱのお皿。

f:id:donkoro:20191115104655j:plain

f:id:donkoro:20191115105041j:plain

3歳児は、4、5歳児よりも芋を掘り出すのに時間がかかっていましたね。

f:id:donkoro:20191115132032j:plain

引っ張る子ども、土を掘る子ども、葉っぱで遊ぶ子ども…それぞれです。

f:id:donkoro:20191115132114j:plain

f:id:donkoro:20191115132139j:plain

 

掘った芋は、来週の誕生会のメニュー「豚汁」の具にしましょうかね。

 

西東京市から武蔵野市へその②

今回はお弁当を持って、武蔵野市は武蔵野中央公園へ向かいました。

東伏見公園から見えた富士山。前回よりもはっきり見えたように思います。

f:id:donkoro:20191112102042j:plain

武蔵野北高校のグランドが見えてきました。ベンチでちょっと休憩する子どもたち。

f:id:donkoro:20191112103629j:plain

今日は70分ほどで到着。

子どもたちは、いつものように荷物を置いて水分補給。小高い丘のようになっている場所に興味をもち、さっそく遊び出しました。

f:id:donkoro:20191112110427j:plain

電車になって走っています。1時間以上歩いてきたのにまだまだ動いていられるのです。子どもの体ってすごい! 気持ちの問題でしょうかね。遊びたくて仕方がない、友達と一緒にいることが楽しくて仕方がないという感じでしょうか。

f:id:donkoro:20191112110541j:plain

秘密基地を作って、見つけたボケの実やノビルで料理を始めたり、木の枝を石で切ったり…。

f:id:donkoro:20191112110709j:plain

f:id:donkoro:20191112111249j:plain

f:id:donkoro:20191112110722j:plain

温泉に見立てた場所でのんびりしたり、「検索しないと入れません。」「番号は?数字とか英語とか…。」等と友達とやりとりをしたり。

f:id:donkoro:20191112110139j:plain

f:id:donkoro:20191112110853j:plain

持参した紙飛行機を飛ばす子どももいます。

f:id:donkoro:20191112113735j:plain

f:id:donkoro:20191112111013j:plain

なんだか楽しそうですよね。

f:id:donkoro:20191112121242j:plain

f:id:donkoro:20191112113921j:plain

ゴロゴロ転がるだけでも楽しいのです。

f:id:donkoro:20191112114303j:plain

f:id:donkoro:20191112114344j:plain

f:id:donkoro:20191112114308j:plain

f:id:donkoro:20191112114445j:plain

縄跳びの練習をした子どももいました。

 

今日は「遠足」として来た(お弁当を持って出かけること)のですが、ふだん遊びに行く公園と何ら変わらずに遊ぶ子どもたちでした。

お弁当もさっさと食べてさっさと遊び出すという、遊ぶことへの貪欲さははどこからくるのだろうかと思ってしまいます。

こうちゃん公園でもいっぱい遊びたかった子どもたちですが、時間が足りずに5分だけ。それでもいいからと遊びに行ったのですが、5分を実際にやってみると唖然とする子どもたちでした。

次回はこうちゃん公園がメインになるのでしょうかね。

 

 

 

森林公園のおもしろさ

森林公園の魅力は、アスレチックと森の中にいるような雰囲気でしょうか。

今、子どもたちが感じているおもしろさは、体を十分に動かすことができることではないかと思います。遊具に挑戦することも、広い場所を思い切り走ることも。

f:id:donkoro:20191107112450j:plain

f:id:donkoro:20191107112410j:plain

f:id:donkoro:20191107112213j:plain

f:id:donkoro:20191107112510j:plain

f:id:donkoro:20191107112746j:plain

f:id:donkoro:20191107113124j:plain

f:id:donkoro:20191107112749j:plain

f:id:donkoro:20191107113318j:plain

f:id:donkoro:20191107113446j:plain

f:id:donkoro:20191107114328j:plain

 

f:id:donkoro:20191107114647j:plain

f:id:donkoro:20191107115256j:plain

f:id:donkoro:20191107115650j:plain

 

西東京市から武蔵野市へ

東伏見公園です。写真のほぼ中央にうっすらと富士山が見えるのですが…。

f:id:donkoro:20191106100733j:plain

4、5歳児と一緒に見ることができました。

さて、どんぐりころころのある下保谷から東伏見公園まで歩いて遊びに行くと言うと、必ず驚かれるのですが、今日は子どもたちが「武蔵野中央公園まで行きたい!」言うのです。東伏見公園まで来れば満足するかと思ったのですが、行くと言ってきかないので、富士山を見ながら休憩をして、武蔵野中央公園へ向かいました。

途中、川のせせらぎをちょっと見て気分転換。公園まであと一息。

f:id:donkoro:20191106102422j:plain

東伏見公園では「まだまだだよ。」と言っておいたのですが、到着すると「すぐだった!」言って疲れた様子は感じさせない子どもたちでした。

f:id:donkoro:20191106110244j:plain

武蔵野中央公園は飛行機とばしの聖地?。子どもたちは飛行機を追いかけて駆け出しました。あんなにたくさん歩いてきたのに走れるなんて!!

f:id:donkoro:20191106110254j:plain

自分で紙飛行機を折って飛ばして遊んでいるので、飛行機に興味がないわけがありません。

f:id:donkoro:20191106110301j:plain

間近で見せていただき、「何でできてるの?」と尋ねたり、ゴムを使って飛ばすことが分かったり、とても魅力的な飛行機飛ばしでした。

オカリナを演奏している方もいて、近くで聞かせていただきました。この時も「これはオカリナなのか、笛なのか?」と尋ねたり、オカリナと分かると「何でできているのか?」と質問したり。ドラえもんの歌をリクエストした子どももいました。

ちょっと座ってひと休みの後は、さらに歩いて「こうちゃん公園」へ。

f:id:donkoro:20191106112328j:plain

f:id:donkoro:20191106112439j:plain

f:id:donkoro:20191106113524j:plain

f:id:donkoro:20191106113235j:plain

f:id:donkoro:20191106113508j:plain

f:id:donkoro:20191106113625j:plain

f:id:donkoro:20191106113810j:plain

f:id:donkoro:20191106112338j:plain

ターザンロープもありましたね。

今日はお弁当は持たずに遊びに来たので、あっという間に帰る時間になってしまいました。子どもたちは残念そうでしたが、こんどはお弁当を持って来ようと約束しました。

ちょっと心配した帰り道でしたが、元気に帰ってこられました。が、お昼ご飯の後は、畳の部屋で横になって休息をとらずにはいられませんでした。

 

園で感じる秋らしさ

文化の日も終わり、いよいよ秋も深まってきました。

園の畑でキャベツを育てている5歳児が、「丸くなってきた!」と言って喜んでいます。アオムシやバッタに食べられて、たくさん穴が空いてしまいましたが、これからどんどんキャベツらしくなっていくようです。

f:id:donkoro:20191105092250j:plain

3歳児が種まきしたエンドウマメ、ニンジン、ノラボウナ、赤カブ、ソラマメが発芽しました。(写真はエンドウマメとニンジンです。)
f:id:donkoro:20191105092342j:plain

f:id:donkoro:20191105092410j:plain

お部屋では、4歳児が、育てたお米の籾摺りをしています。道具はすり鉢とボールです。仲良く順番に道具を使って作業しています。

f:id:donkoro:20191105093552j:plain

畑の花や公園で拾ったクヌギのどんぐり、お知り合いのお宅で拾わせてもらった椎の実。

f:id:donkoro:20191105093441j:plain

 

秋のいこいの森公園~木の実も小鳥も…~

 エナガらしきとてもかわいい鳥が何匹も見られました。5歳組のYくんが遊んでいて小鳥に気が付き、教えてくれました。

f:id:donkoro:20191030105321j:plain

さて、今日は急遽いこいの森公園に来ました。せせらぎ公園へ行ったのですが、遊具はぬれて遊べないし、せせらぎの横や石もぬれてよく滑るので、安全に遊べそうもなかったので、少しだけ足をのばしていこいの森へ。

子どもちはいこいの森と言えばマラソンなので、「走ろう!」「電車やる!(電車になって走るということ)」と言って、たくさん歩いた後でも平気で走りだしました。

f:id:donkoro:20191030104315j:plain

f:id:donkoro:20191030104353j:plain

f:id:donkoro:20191030104844j:plain

f:id:donkoro:20191030105005j:plain

f:id:donkoro:20191030105039j:plain

f:id:donkoro:20191030110516j:plain

f:id:donkoro:20191030105850j:plain

休みながら走っています。

ラソン中継をしている子どもいました。

f:id:donkoro:20191030105711j:plain

ゴールの後の感動。

f:id:donkoro:20191030110257j:plain

雑木林の雰囲気は、子どものイメージの世界を豊かにしてくれます。ごっこ遊びも楽しんでいました。

f:id:donkoro:20191030113645j:plain

帰りには、頭上にこんな素敵なものを見つけました。遊んでいる最中は足元にクヌギのどんぐりがいっぱいでしたが…。

f:id:donkoro:20191030121031j:plain

イイギリの木には真っ赤な実。

f:id:donkoro:20191030121103j:plain