読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も森へ

だって、楽しいのです。冬の森は、毎年子どもたちが遊ぶのにとてもいい環境なのです。

思い切り体を動かす3歳児

f:id:donkoro:20161208113822j:plain

「悪者をやっつけるぞ!」いつになく走っています。竹藪へ…。

f:id:donkoro:20161208115710j:plain

地面が凸凹しているし、傾斜もある。穴がいくつも空いています。

f:id:donkoro:20161208115936j:plain

走っているうちに2歳児が転んでしまうと、3歳児が心配して声をかけていました。

f:id:donkoro:20161208120237j:plain

大きな木や穴を使って家を作り始めた4歳児

f:id:donkoro:20161208112723j:plain

f:id:donkoro:20161208113733j:plain

f:id:donkoro:20161208120945j:plain

落ち葉の電車に乗ってお出かけの2歳児

f:id:donkoro:20161208120416j:plain

またジュウオウジャーの戦いをしようとしている2歳児

f:id:donkoro:20161208114224j:plain

4歳児が2歳児に相手をして逃げ役、やられ役をやってくれています。

f:id:donkoro:20161208122258j:plain

土に埋まった木の幹を掘り出したいのだそう…。

f:id:donkoro:20161208122457j:plain

穴に片足を落としてしまった友達を「おおきなかぶ」のお話のイメージで引っ張って遊んでいる4歳児。

f:id:donkoro:20161208112709j:plain

屋敷林に訪れる回数を重ねるごとに、子どもたちは森の中でイメージがわいてきたり、森の中にある自然物の使い方が様々になったりして、屋敷林で遊ぶことがおもしろくなっているのが分かります。