読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森へ

久しぶりに屋敷林へ遊びに行きました。「今日は森に行こうよ。くまさんいたりして…」と保育者が話すと、♪あるひ、もりのなか…とその気になって歌う子どももいました。

大きなケヤキの木の葉が、ヒラヒラ~ヒラヒラ~、クルックルックルックルッ、ホワンホワン…???、私なりに言葉に表すとそのような感じなのですが、風に吹かれると落ちてくるのです。2歳児、3歳児は空を見上げて葉っぱが落ちてくるのを待っています。4歳児は追いかけていきます。

f:id:donkoro:20161129111658j:plain

f:id:donkoro:20161129111708j:plain

子どもたちは、木の葉、木の枝、土の塊、竹林、竹の皮、地面の凹凸、おひさまの明るさや温かさ、ダンゴムシやカマキリ…等の自然を思い思いに感じ、そして、自然と思い思いに関わりながら遊びました。

2歳児、3歳児は固定遊具があり、オープンな感じの一般的な公園とは違った様子に、戸惑っている様子もありました。それでも、保育者のそばにいて安心したりその言葉や動きに刺激を受けたり、さらに4歳児の遊びの様子をきっかけに、遊びを楽しむ姿が見られるようになりました。

f:id:donkoro:20161129114126j:plain

f:id:donkoro:20161129113750j:plain

~見つけたカマキリを枝に捕まらせて、間近で見ようとする2歳児~

f:id:donkoro:20161129113932j:plain

~畑を耕し、タマネギやメロン、スイカを育てている(つもりの)4歳児~

f:id:donkoro:20161129115156j:plain

~土の塊を割ったり、「おしごと」しているつもりだったりする2,3歳児~

f:id:donkoro:20161129121434j:plain

~自分の遊びに集中しはじめた2歳児~

f:id:donkoro:20161129120616j:plain

~竹の皮を集めたり、竹と竹の間をぬって走り回ったり…~

f:id:donkoro:20161129121625j:plain

 

くまさんがいるかどうか、「探検だ!」と言って探しに行った3歳児から「くまさん、いなかったよ!」と報告がありました。