一体何をしているの?

3歳児の遊びなのですが、最後の写真までご覧ください。 

f:id:donkoro:20160203102209j:plain

f:id:donkoro:20160203102229j:plain

f:id:donkoro:20160203102318j:plain

f:id:donkoro:20160203102553j:plain

f:id:donkoro:20160203102830j:plain

f:id:donkoro:20160203102914j:plain

f:id:donkoro:20160203102907j:plain

さて、子どもたちは何をしていたか、想像つきましたか?

子どもたちは、工事中でした。四つ足になっていた子どもたちは、ダンプカーや、ショベルカー等の重機になって、土に見立てた積木を背中に載せたり動かしたりしていたのです。他の子どもは背中に荷物を載せてやったり、積木を積んで形を構成したりしていました。

外遊びの最中工事現場をよく見ます。それを再現していたのでした。

できた建物についても具体的なイメージがあり、「3階は○○先生のおうち、2階は△△先生のおうち、1階はどんぐりのおうち」とか「一番上が9階で…」等話してくれました。

積木を使って遊んでいると、子ども同士でやりたいことが違ってもめることがよくあります。この遊びでは、そのようなことが全くなく遊びが進んでいきました。

f:id:donkoro:20160204111657j:plain

f:id:donkoro:20160204111704j:plain

f:id:donkoro:20160203111805j:plain