読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐりころころの子どもたちの泥団子

下の写真は、3歳児が作った泥団子です。(12月後半の遊びの様子です。)

泥団子を焼いているところです。

f:id:donkoro:20151215115445j:plain

f:id:donkoro:20151215115431j:plain

f:id:donkoro:20151215120629j:plain

2歳児も見ていたりまねっこしたりしていますね。

f:id:donkoro:20151215121359j:plain

f:id:donkoro:20151216111424j:plain

土がなかなか団子にまとまらない子どももいますが、がんばって作っています。

いくつも作っているうちに感覚が分かってくるのでしょうかね。簡単にお団子にしてしまう子どももいます。

3歳児は土を上手に団子にできること、わざと団子を落として壊れないのを確認すること(多少つぶれますが)、お料理のつもりで遊ぶことに楽しさや満足感を感じています。そして、数日経った泥団子が固くなったことを確認すると「石になった!」と言って喜んでいます。更にそれを投げるとパッカーンと見事に割れてしまうことを喜びます。おもしろいのでしょうね、「また、石を作ろう!」と言って泥団子を作ると、所定の場所に置いておくのです。

これ以降は、先週の様子です。

霜が降りて湿っていた地面を「スケートみたいだよ。」と滑っているうちに、靴底に泥がこびりつき、泥んこ遊びになっていました。そして、3歳児は泥団子を作り始めます。

f:id:donkoro:20160113113616j:plain

 満2歳クラスの子どもは保育者に団子を作ってもらって大喜び。

団子が変形してできたものは…

f:id:donkoro:20160113121644j:plain