読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさしく小玉スイカ

明日から夏休みなので、今日庭で育てていたスイカを収穫しました。

f:id:donkoro:20150807095012j:plain

f:id:donkoro:20150807095105j:plain

受粉から30日めなので、収穫してもよい時期でしたが、切ってみるまでは熟しているかどうか不安でした。

f:id:donkoro:20150807095247j:plain

切ってみると、ほわーんとスイカのいい香り。そして、中身も赤く、種も黒く熟している様子。

早速食べると甘い!

f:id:donkoro:20150807095451j:plain

小さなスイカでしたが、子どもたちはおいしく食べられて大満足でした。

昨年は途中でだめになったスイカ。今年は小さくてもおいしいスイカを育てることができました。来年はもう少し大きいスイカを育てたいなあと思ったのは保育者です。

昨年2歳児クラスだったころ、スイカが途中でおっこちてだめになったことをとてもよく覚えていたKくん。春に保育者とスイカの種を蒔きました。それがこのスイカになったのです。スイカを食べながら、「この種蒔いたんだよね。」「また、種まきする?」と話すと、Kくんは種を集め出し、保育者の助言で洗って家に持ち帰りました。お家でスイカの種を蒔くつもりのようです。「少し種蒔いたのに、いっぱいだね。」「どうやって種いっぱいになったのかなあ…。」等などスイカについていろいろと思いをめぐらして話すKくんでした。