読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田先生の紙芝居 「おやおやおやさい」

今月は「おやおやおやさい」と「ノンタンのたんじょうび」を読んでいただきました。どちらも、子どもたちに馴染みのお話です。

「おやおやおやさい」の方は野菜たちがマラソン大会をするというお話。子どもたちは「よーいどん」のかけっこが大好きですし、家庭においてもどんぐりころころでも、野菜は身近なものです。

パセリを見て「ブロッコリーだ!」と言う子どもがいたり(パセリは馴染みがないかもしれませんね…絵で見ると確かにブロッコリーに似ています)、とうもろこしを見た満2歳クラスのCちゃんが「バナナ、バナナ!!」と何度も話したり、ユーモラスな様子の絵を見てにやっと笑ったり、唐辛子の絵を見て「これは辛い。」とつぶやいたり…。それぞれに素直に感じたことを表現しながら紙芝居を楽しむ子どもたちでした。

f:id:donkoro:20150227134423j:plain