イメージ豊かな3歳児

3歳を過ぎると知的な面でも成長が著しく、外遊びでも室内でも、遊んでいると言葉がたくさん飛び交います。保育者のちょっとした発言がそのきっかけになることもありますが、身近な生活の中の出来事や物、人が遊びの中に登場しています。その気になって遊ぶ子どもたち、ほんとうにおもしろく、かわいいです。

公園で見つけた大きな木は、ゾウさんです。二人で散歩させてあげているんです。

f:id:donkoro:20150203115716j:plain

ディズニーランドに行って数日後作ったアナと雪の女王のお家

f:id:donkoro:20150128133244j:plain

映画です。物干し台がありますが、実は床面と物干し台によってできるの四角い形の部分が画面に見立てられ、WTくんにより映画が始まりました。まずは、「むかしむかし、バナナがありました(と言っておもちゃのバナナが登場)。はい次の人どうぞ…(他の子どもと交代)。」というお話です。その様子を見てまねっこしたり、いすを並べて座席をつくったりする子どもが現れます。ピアノコンサート、太鼓のコンサートと次々変化しました。

f:id:donkoro:20150122125814j:plain

f:id:donkoro:20150122132712j:plain

こちらはいつも電車にしている段ボールで作った車

f:id:donkoro:20150205105808j:plain

屋敷林では、落ち葉や雑草で焼きそば作り。お祭りの焼きそばやさんなのだそうです。「(巻き舌気味で)はい、らっしゃーい、らっしゃーい!」と威勢のよい声が出ています。せんべいやさんもいました。

f:id:donkoro:20150206110012j:plain

f:id:donkoro:20150206113357j:plain

何をしているのか知ってか知らぬか、満2歳クラスの子どもはお兄さんお姉さんがするのをまねて雑草を取ってきました。この雑草は「ネギ」と呼ばれています。

f:id:donkoro:20150205133328j:plain

積木を並べた所がガス台になり、フライパンでお料理中。ピザを作っているそうです。

他にも、ゴミ収集車のおもちゃでごみを集めて遊んだり、この頃はご近所でお家を作る工事をしておりクレーン車や鉄骨を積んだトラックをよく見るせいか、工事現場の遊びをよくします。そうそう、積木で作った消防車が「ウー!」と出動する遊びも盛り上がっていましたね。

f:id:donkoro:20150213131551j:plain

段ボールを散らかしているように見えますがが、工事現場のつもりで物を置いているのです(危ない時には保育者が声をかけながら整理整頓します)。

 

成長と共に子どもの遊びは変化していきます。言葉、ものの使い方、友達との関わりの様子、体の動き等どう変化しているかを理解することは私たち保育者の大事な役割です。それを理解していないと、日々の具体的な教育内容を計画することや子ども一人一人と適切に関わることはできないからです。