読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

室内でもこんなによく遊んでいます。

今日は、冷たい雨が降ってほんとうに寒い1日でした。あまりに寒いのでまずはお部屋で遊んでウォーミングアップ!

新聞をビリビリ破いて散らかして、大喜びです。

家ではこんなことは許されないことでしょうね…。途中「しんぶんはなげちゃいけないの…。」とつぶやく子どもや「きたなくなっちゃったね。」と部屋が散らかっていることを気にする子どもがいました。

「読んでる新聞は投げたらだめだよね。」とか「あとでみんなで片づければ大丈夫、きれいになるよ。」等と言いながら遊びました。

ただ新聞を破いているだけでも、子どもにとっては腕を大きく動かしたり、力が必要であったりエネルギーを使うものです。更に、それを思いっきり投げるのですから結構な運動量になるでしょう。

細かくちぎった新聞でお料理を始める子どももいました。

f:id:donkoro:20150115100929j:plain

f:id:donkoro:20150115102448j:plain

こちらはねんどで遊んでいます。このごろよくねんどで遊びます。はじめは手でいじっているうちにいろいろな形ができちゃった!という感じです。そのうちに「ミミズ作ってるの」「ドーナッツ作った!」等と思った形を作ろうとするようになります。

f:id:donkoro:20150115102044j:plain

だれかが車のおもちゃで遊び出したのをきっかけに、散らかした新聞紙を集める遊びになりました。しょっちゅう散歩の途中で出会う、ごみやさん(ゴミ収集車に乗り、ごみの収集作業をしている方)になりきっているようでした。車のおもちゃにほんとうに新聞紙を乗せて集めることを楽しんでいましたが、途中、一気にたくさん新聞を集めたい気持ちが勝ったのか、車は手放して両手で抱えるように集めるようになった子どももいました。

大胆に散らかした後、片づけることまで遊びにしてしまう子どもって、いいですね。やりっぱなしでなく後始末まですることはとても大事なことだと思います。しかも、やらされるのでなく、終始子どもが進んで楽しくやれたことがとてもいいなあと思います。

f:id:donkoro:20150115110908j:plain

f:id:donkoro:20150115111120j:plain

きれいに片付いた後は、また別の遊びが始まりました。

f:id:donkoro:20150115120509j:plain

f:id:donkoro:20150115120337j:plain

f:id:donkoro:20150115120712j:plain

そして、最後の紹介は「すもう」です。対保育者でなく子ども同士で組み合うことができるのには感心しました。転んだら負けです。押されて逃げ回ったり、互いに押し合ったり、なかなかいい勝負が何度も何度も繰り返されました。やっているうちにだんだん自分が勝ったか負けたかわかるようになり、勝った時にはポーズを決めたり、手を上げたり、どうだ!という表情だったり、やっぱりうれしいのですね。どの子も不思議と、負けてもいやにならずに「もう一回」と何度も挑戦。何度もやってついに最後にあおむけにひっくり返り、大泣きした子どももいました。

f:id:donkoro:20150115104932j:plain

f:id:donkoro:20150115104420j:plain

 結局今日は、1日家の中で遊びました。