張り切る3歳児

3歳児と4歳児が一緒に過ごす時間が増えています。「一緒に公園に行きたい。」「一緒にお弁当を食べたい。」という3歳児の希望です。

3歳児は、今までよりも大きいテーブルやいすを使って、4歳児と一緒に食事することを喜んでいる様子です。

f:id:donkoro:20170223125904j:plain

公園に行く途中、3歳児が張り切って何往復もかけっこしました。4歳児がゴールで待っています。

f:id:donkoro:20170223104857j:plain

公園では、4歳児が3歳児から戦いを挑まれ…

f:id:donkoro:20170223112649j:plain

f:id:donkoro:20170223112949j:plain

最後は4歳児が倒れてあげていました。

f:id:donkoro:20170223113256j:plain

4歳児と一緒に全力で遊びを楽しんだり、ちょっと緊張しながら一緒に食事をしたりする様子の3歳児です。4歳児と1日一緒に過ごした日は、心身共に疲れていつもより早くに寝床についているのではないかと思いますが…。

楽しくてたまらない

公園でシーソーを見なくなりましたね。どんぐりころころの子どもたちがよく遊びに行く公園の中でシーソーがあるのは、1か所だけです。

今日はじめて行った公園にシーソーがあったのです。

子どもたちは「ギッタンバッコンだ!」と言って飛びついていきました。

4歳児も3歳児も、それぞれ友達と一緒にシーソーを楽しみました。それはもう大はしゃぎでした。f:id:donkoro:20170217112926j:plain

f:id:donkoro:20170217121343j:plain

4歳児は「そっちの方が軽いんだ~。」と言ってみたり、体重移動をしてシーソーの上下を交代させようと試みたり(それを阻止しようとしたり)しながらも、とにかく楽しくて仕方がないという様子。

3歳児もシーソーに乗ると、早速大笑い。「ギッタンバッコン」の動きを再現しようとしますが、一人対二人ではうまくいきません。それでも、やっぱり楽しくて笑いが止まりません。

単純な遊びほど楽して飽きないものです。体を使って体で感じて、工夫の余地もあって…。そしてシーソーは一人では遊べない、だれかと一緒に遊ぶもの、楽しむものだからいいのだなと思います。

 

咲いた咲いた…

公園の桜や庭に植えた球根に雑草。室内の水栽培。次々花を咲かせ始めましたね。

今週、子どもたちと見つけた花です。

f:id:donkoro:20170214112754j:plain

f:id:donkoro:20170214113434j:plain

f:id:donkoro:20170215130804j:plain

f:id:donkoro:20170215130823j:plain

f:id:donkoro:20170216100235j:plain

白や赤のウメは花を咲かせてしばらく経ちます。町の中がこれからどんどん賑やかになっていくことでしょう。

誕生会~オムライスでお祝い編~

今回は、4歳の誕生日のお祝い。3歳児が買い物をしたり、野菜を切ったり、卵を割ったり等して作った「オムライス」でお祝いです。卵を割って混ぜるのは、前回のプリン作りに続き2回目です。

今回は、炊飯器を使ってケチャップご飯を作ったり、ホットプレートで薄焼き卵を焼いたり等手軽においしく作る方法を工夫しました。盛り付けも小さなお茶碗に薄焼き卵を敷いたところにケチャップご飯を入れて、お皿にひっくり返すというお手軽さでしたが、子どもたちは「お子様セットみたい!」と喜んでいました。

f:id:donkoro:20170213134315j:plain

f:id:donkoro:20170213134304j:plain

元気な声で♪ハッピーバースデートゥーユーを歌ってお祝いした後は、いつもより口数が少ない子どもたちでした。黙々とオムライスを食べ、お代わり続出でした。

 

 

 

真冬の収穫その②

4歳児がカブ(聖護院ダイコン)を収穫しました。

絵本「おおきなかぶ」のつもりで、種を買い、種を蒔き、「うんとこしょ、どっこいしょ。」と言いながらみんなでつながって抜くつもりだったのですが、一人で抜けてしまいました。

f:id:donkoro:20170213130742j:plain

f:id:donkoro:20170213130804j:plain

f:id:donkoro:20170213130829j:plain

f:id:donkoro:20170213131115j:plain

f:id:donkoro:20170213131324j:plain

思っていたよりはずっと小さなカブでしたが、小さい粒々の種がこのようなカブになったことを「すごいよね。」と話す子どももいました。

本当に考えれば考えるほど不思議ですよね。小さな一粒の種が芽を出して、葉っぱを大きくして、土の中では白い実を太らせて…。

 

今回は各家庭に持ち帰りました。おいしく食べられたでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

真冬の収穫

真冬の畑で4歳児がブロッコリーとハクサイを収穫しました。3週間ほど前には3,4歳児がダイコンを収穫し、各自自宅に持ち帰りました。

f:id:donkoro:20170208131214j:plain

今回は、ハクサイとブロッコリーでスープを作り、3歳児と4歳児が食べました。

f:id:donkoro:20170210091508j:plain

f:id:donkoro:20170210091709j:plain

ウインナーソーセージと一緒にさっと煮て、コンソメと塩で薄く味付けして出来上がり。

f:id:donkoro:20170210130631j:plain

真冬の食卓にあたたかいスープはおいしいですね。「あたたまるね~。」「ハクサイ、甘い。」「ブロッコリー、やわらかい…。」と言う4歳児の声がきかれました。「おいしいの?」と話していた3歳児も「おいしい!」と言っておかわりしました。中には「ブロッコリー、苦い…。」と話す子どももいましたね。幼い頃は、味覚をつかさどる細胞が鋭敏だそうですが、ほんとうにそう感じるのでしょうか…。気持ちの問題でしょうか…。

冬には冬に育つもの、寒い時にはあたたかいものをおいしいと感じられるのって、いいですね。

 

 

2月の施設開放

今日の施設開放には5組の親子、6人のお子さんが遊びにいらっしゃいました。

はじめての場所に興味津々の様子であちこち見まわしたり、気に入ったおもちゃでしばし集中して遊んだり、おうちでもお気に入りのいすがたくさんあるのを見つけ自由に動かしたてうれしそうだったり…。

3月からは、毎週金曜日(14:30から)施設開放をします。

温かくなってくる時期ですので、是非お散歩しながらどんぐりころころに遊びに来てください。

 

~公園で友達と一緒に…2歳児~

f:id:donkoro:20170207120341j:plain